ホーム > 歯並びを治したい~矯正歯科~

気になる歯並びは矯正しましょう

気になる歯並びは矯正しましょう

美しい歯並びは、笑顔を引き立てます。すき間があったり歯が重なっていたりすると、見た目も悪く、健康にも悪影響を及ぼします。歯並びが乱れていると、むし歯歯周病にかかりやすくなったり、正しく発音できない、うまく噛めない、顔や身体がゆがむ……などのさまざまなトラブルを引き起こします。

歯並びや噛み合わせで少しでも気になることがある方は、足立区にある歯科医院「モアナ歯科クリニック竹ノ塚医院」へご相談ください。矯正専門医がお話をうかがい、最適な治療プランをご提案します。

マウスピース治療費

アイジーオー

アイジーオー アイジーオー

クリアマウスピースを用いて、3ヵ月~半年で治療が終わります。

25万円 (税別)

インビザライン

インビザライン インビザライン

幅広い症例に対応します。

85万円 (税別)

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

一般的なワイヤー矯正も行っております。

75万円 (税別)

当てはまりますか?歯並びチェック

歯並びが気になる方は、まず鏡で口元をご覧ください。下記に当てはまるものがある場合は、矯正治療をご検討されたほうがいいかもしれません。

  • 上顎前突
  • 反対咬合
  • 上下顎前突
  • 交叉咬合
  • 空隙歯列
  • 叢生
  • 過蓋咬合
  • 開咬

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

いわゆる「出っ歯」といわれる噛み合わせです。上の前歯が大きく前に突き出しています。前歯だけが突出している場合と、歯列全体が突出している場合、または上あごそのものが前に出ている場合があります。遺伝や、成長過程での上下あごのバランスくずれ、子供の頃の指しゃぶりや口呼吸など、さまざまな要因が考えられています。

反対咬合(はんたこうごう)

反対咬合(はんたこうごう)

「受け口」といわれる噛み合わせです。下の歯が上の歯よりも突出している状態で、上の歯が後ろに傾斜して起こる場合と、下あごの過度な成長や上あごの成長不足など、骨格に問題がある場合があります。発音が不明瞭になり、食べ物をうまく噛めないことがあります。

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ))

上下両方の歯列が前に突き出している状態です。唇が閉じづらく、転倒したときに前歯が折れやすいなどのリスクがあります。また、唇を噛んでしまうことが多く、口腔内を傷つけやすいです。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう))

奥歯、または前歯が左右にズレている状態です。「すれ違い咬合」ともいわれます。上下の歯を噛み合わせたとき、歯列のどこかでスライドするような噛み合わせです。奥歯で食べ物をすりつぶす動きが難しく、前歯の中止がズレて、顔の骨格がゆがむ恐れがあります。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列(くうげきしれつ))

歯と歯の間にすき間がある状態で、「すきっ歯」といわれる噛み合わせです。あごに対して歯が小さい場合や、歯の本数が足りないなどの原因で起こります。見た目にも目立ち、食べ物が挟まりやすいです。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい))

歯並びがデコボコしていて、歯が重なって生えている状態です。「八重歯」が代表的ですが、あごに対して歯が小さく、正しく並ぶスペースが足りない場合に起こりやすいです。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)

「オーバーバイト」といわれている噛み合わせで、正面から見ると、下の歯が見えないほど上の歯が被さっている状態です。食べ物が噛みづらい、発音しにくいなどの問題が起こります。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

奥歯を噛み合わせたときに、上下の前歯が閉じず、開いている状態です。食べ物をかみ切ることが困難だったり、空気が漏れて正しい発音ができないなどの問題があります。子供の頃の指しゃぶりなどが原因に挙げられています。

矯正をするメリット

歯並びをよくするには、さまざまなメリットがあります。

  • 歯磨きがしやすくなるので磨き残しがなくなり、むし歯や歯周病の予防につながる
  • 食べ物をきちんと咀嚼(そしゃく)できるので、効率のよい栄養摂取と正しい消化ができる
  • 見た目がきれいになるので、笑顔など表情に自信が持てるようになる
  • 正しい発音ができるようになる
  • 頭痛やめまい、肩こり、身体のゆがみなどの症状が改善されることがある

目立たないマウスピース矯正がおすすめです

目立たないマウスピース矯正がおすすめです

歯列矯正は、ワイヤーなどの装置が見えて見た目が気になる方も多いかと思います。「インビザライン」では、透明なマウスピース型の装置を使うため、矯正治療中でも、気づかれにくいというメリットがあります。

インビザラインのメリット

  • 透明なマウスピースなので、見た目が気にならない
  • マウスピースを装着しても違和感が少ない
  • 自分で簡単に取り外しができ、食生活にも不自由がない
  • 歯磨きやフロスも可能なので、口腔内の衛生面も保てる

インビザライン専門医院と連携しています

invisalign

「モアナ歯科クリニック竹ノ塚医院」では、患者様に最新・最良の矯正治療を受診していただくために、専門の治療環境を整えています。当院でインビザライン矯正を行うのは、インビザライン矯正認定医。大人の方はもちろん、お子様でもインビザラインでの治療が可能です。

また、当院は国内トップクラスのインビザライン症例数を誇る専門医院「銀座クリアデンタル」と提携していますので、安心してインビザライン治療を受けていただけます。

取り扱い矯正装置

メタルブラケット
メタルブラケット 歯の表面に取り付けたブラケットと呼ばれる留め具に、ワイヤーを通して歯並びを矯正します。矯正装置の中でも費用が安く、一般的な装置です。
クリアブラケット
クリアブラケット メタルブラケットとほぼ同じ方法で矯正する装置です。留め具に透明なプラスチックを使っているので、メタルブラケットよりも目立ちにくいです。
セラミックブラケット
セラミックブラケット メタルブラケット、クリアブラケットと同様の方法で矯正します。留め具に自然の歯に近い色のセラミック素材を使用するので、さらに目立ちにくくなります。
床矯正
床矯正 就寝時などの一定時間、あごに入れ歯のような装置を取り付けて矯正します。主に、乳歯から永久歯に生えかわる前のお子様に使用します。
インプラント矯正
インプラント矯正 あごの骨に小さなインプラントを埋め込み、留め具とつなげて引っ張るように矯正します。治療時間を短縮できるのがメリットです。
部分矯正
部分矯正 歯並びが気になる一部分のみを矯正できます。歯を全体的に矯正するのに比べて、費用を抑えることができ、期間も短くできることがメリットです。
インビザライン
インビザライン 透明なマウスピースを装着して矯正します。2週間ごとに新しいマウスピースを交換し、様子を確認しながら、少しずつ歯の位置を動かしていきます。
ムーシールド
反対咬合(受け口)のお子様に用いる矯正装置です。就寝時に装置を付けます。

足立区竹ノ塚の安心・安全な歯科医院
院内紹介・アクセスはこちら